>  > 渾身の優しさを込めて逝かせました

渾身の優しさを込めて逝かせました

私の場合は、無理にデリヘル嬢に合わせることもないのですよ。ですから、トークを殆どすることがないときもありますけど、それはそれで行動で示して、意気投合なんてこともありますからね。ということでシャワーへ・・。シャワールームでは、しっかりとちんこを洗ってもらって、エロエロ密着度合いもパーフェクトです。実はちんこさわさわで逝きそうになったのですけど歯を食いしばって耐えました。ベッドに先に入っていると、ボディにタオルをしっかり巻いてベッドにはいってきました。小柄なのに、大きく形が良くて綺麗なおっぱいにすぐに触れたいのをガマンして、軽くチュー。ゆっくりタオルを取ると、初々しさ抜群のまぶしいボディがありました。とにかくゆっくりゆっくり慈しむように愛撫をはじめて、唇をおっぱい乳首にあてると、「あううん」と言って感度もよさそうです。ムードはどんどん高まっていつもの攻めダルマとなって、下半身に手を触れると、そこも、けっこうな湿りぐあいで、愛撫とチューの波状攻撃をかけて、さらに潤んできたところで、指入れして逝かせました。

決壊したようにおまんこ汁がわき出ます

シャワー前にいろいろトークしたのですが、どんな話題も共有できて、腕のいいキャッチャーみたいにトークを拾ってくれるのがいいですね。すごく親しみも湧きますよ。そのうえ、おまんこの感度も抜群に良くて、どこをさわっても悶えてくれて、都度おまんこ汁がわき出すような感じなのです。表情も本気そのものでグッドです。ですから、このデリヘル嬢は常に本気で感じてくれてるのじゃないかな、なんて思います。仮に演技だとしてもそうは思えないところがすごいのでしょうね。もっともベテランの域に達している風俗嬢ですからこのくらいはお手の物かもしれませんが。受け攻めどちらも大丈夫ということで、まずは私が攻めることにします。最初に少しだけディープキッスを満喫して、ポイントを少しずつ下にずらしていきます。おっぱいは意外というか見た目以上に触ったら大きいという印象で、乳首も大きくて、すでに触ったら硬くなっていて舐め甲斐がありましたし、舐めると大きな声でよがり声をあげるのがものすごくて、乳首舐めだけでどうやら逝ったようです。おまんこを触ってみると意外と静寂だったのですが、おまんこびらびらを開いてみると中から淫汁がわき出てきてダムが決壊したように流れ出てきたのには大感激ですよ。

[ 2015-01-01 ]

カテゴリ: 風俗体験談